攻撃的な蜂から身を守ろう|個人で行うには難しい蜂の駆除

メンズ

屋根裏に住み着く

一軒家

家がボロボロに

日本で害獣と呼ばれる動物はたくさんいます。屋外で畑の作物を荒らす害獣もいれば、家の屋根裏などに住みつき、家をねぐらにして糞尿などの被害をもたらす害獣もいます。それらの害獣駆除をしたいと思っていても、動物も頭がよくなかなか捕まらず人間を悩ませます。屋根裏害獣と呼ばれるものに、ハクビシン・アライグマ・イタチ・ネズミ・こうもりなどがいます。特にハクビシンやアライグマなどは気性も荒く、攻撃をしてくるため素人では害獣駆除をしようと思ってもなかなかできません。屋根裏に住み着くのは、天井に向かって暖かい空気が集まることや、雨風をしのげること・薄暗く人間が入ってこないとわかっている安心感などが原因と言われています。

被害が大きくならない内に

住宅から出る生ごみを屋根裏に運んで越冬したりと、害獣は好き放題に家にすみつきます。害獣は主に住処の決まったところに糞尿をするために、決まった一か所に糞尿が集まり、天井から糞尿が腐って抜け落ちるなどの被害が起こります。また、乾燥した糞が空気に乗って住宅へと流れ込むと、アレルギー症状を引き起こす健康被害が現れます。害獣駆除はそういった被害を広げないことと、家屋や体の健康を守るために必要です。しかし害獣駆除は一般の人には向きません。鳥獣保護法の対象になっている動物は勝手に殺傷したりつかまえることが禁じられています。害獣駆除は許可が必要なのです。害獣の侵入を防いだり、追い出すのは専門の業者を依頼しましょう。